旅行情報 査証(ビザ)

徹底解説【中国親族訪問Q2ビザ】オンライン申請 入力方法≪2/2≫

現在、中国ビザの申請の際は事前にオンラインでの申請用紙の作成が必要となっています。

これまでの手書きでの記入と異なり、入力しなければならない項目が多くなり、少し複雑になっています。

今回は「親族訪問Q2ビザ」の申請表の入力方法を紹介していきます。

この記事では、後半の第5部分~第10部分を紹介します。
"前半の第1~第4部分はこちら
徹底解説【中国親族訪問Q2ビザ】オンライン申請 入力方法≪1/2≫

注意事項

【更新】「2024年の清明節による休館日」
2024年4月5日(金)

重要】2021.09.09-更新-

  1. 現在、中国ビザの申請の際には、「指紋採取」「写真撮影」が必要となっています。(旅行会社による代理申請の場合も同様)
    ▶参考記事:【新規則】中国ビザ申請時に「指紋採取と写真撮影」が義務化

徹底解説【中国観光Lビザ】オンライン申請 入力方法≪1/2≫

第5部分 家族構成

5.1 現住所

中国ビザ申請 オンライン入力5.1

5.1A:【必須】Japanと入力する(プルダウンからの選択でも可)

5.1B:【必須】都道府県名を入力する(東京都・大阪府)

5.1C:【必須】市(○○市)

5.1E:【必須】郵便番号を入力

5.1F:【必須】区・番地・建物名・部屋番号を入力(○○区○○番地○〇号)

 

5.2 固定電話・携帯電話・メールアドレス

中国ビザ申請 オンライン入力5.2

5.2:【必須】ハイフンの入力は不要

5.3:【必須】ハイフンの入力は不要

5.4:【必須】現在は必須となっている

 

 

5.5 家族構成

中国ビザ オンライン申請 入力例

この部分に関しては、前の項目(1.15A)で選択した結果に該当する内容が表示される。例えば、"未婚"を選択した場合、ここに配偶者に関する情報を入力する項目は表示されない。

5.5A:配偶者の情報を入力する。

【必須】姓名:漢字で入力する。

【必須】国籍を入力する(プルダウンからの選択でも可。例:Japan)

【必須】職業を入力する(プルダウンからの選択でも可。)

  • 会社員:Company employee
  • 自営業:Self-employed
  • 無職:Unemployed
  • 学生:Student

【必須】生まれた国を入力する(プルダウンからの選択でも可。例:Japan)

【必須】現住所を入力する(申請者と同一住所の場合、"申請者の住所と同じ"をクリックすると自動入力される。)

 

 

 

5.5B 父親 5.5C 母親

中国ビザ オンライン申請 入力例

両親の情報をそれぞれ入力する。尚、既に死別している場合などは”該当なし”にチェックを入れる。

【必須】姓名:漢字で入力する。

【必須】国籍を入力する(プルダウンからの選択でも可。例:Japan)

【必須】職業を入力する(プルダウンからの選択でも可。)

  • 会社員:Company employee
  • 自営業:Self-employed
  • 無職:Unemployed
  • 学生:Student

【必須】生まれた国を入力する(プルダウンからの選択でも可。例:Japan)

【必須】現住所を入力する

【必須】現在中国にいるか否か、いずれかにチェックを入れる

※Yesにチェックを入れた場合は、住所などの詳細を入力する

 

既に死別している場合

中国ビザ申請 オンライン入力5.5-1

両親のいずれかまたは、どちらかが他界している場合は、「該当なし」にチェックを入れて、"死別"などと入力する。

 

 

5.5D 子

中国ビザ申請 オンライン入力5.5

【必須】姓名:漢字で入力する。

【必須】国籍を入力する(プルダウンからの選択でも可。例:Japan)

【必須】職業を入力する(プルダウンからの選択でも可。)

  • 会社員:Company employee
  • 自営業:Self-employed
  • 無職:Unemployed
  • 学生:Student

【必須】生まれた国を入力する(プルダウンからの選択でも可。例:Japan)

【必須】現住所を入力する(申請者と同一住所の場合、"申請者の住所と同じ"をクリックすると自動入力される。)

※子供がいない場合は、「該当なし」にチェックを入れる。

 

中国ビザ申請 オンライン入力5.5-2

5.5E:【必須】現在中国に親族がいる場合は”Yes”、いない場合は”No”にチェックを入れる。

※Yesにチェックを入れた場合は、以下の詳細情報を入力する。

1.氏名
2.続柄
3.親族の中国での資格

  • Citizen(中国公民)

  • Permanent(永久居留)

  • Resident(居留)

  • Stay(停留)

全て入力が完了した際は、「次へ」をクリック

※必ず「一時保存」を押して入力内容を借り保存しておきましょう。

その際に、表示される「申請番号」はメモしておきましょう。今後、別の日に申請を再開する時に必要となります。

 


 

第6部分 渡航情報

中国ビザ オンライン申請 入力例

6.1 日程

6.1A:【必須】渡航年月日を入力する(プルダウンからの選択でも可。)

6.1B:【任意】搭乗予定のフライト名を入力(例:CA167便)

6.1C:【必須】招聘状に記載する住所のある都市名(例:上海)

6.1D:【必須】招聘状に記載する住所のある渡航区/県(例:浦東区)

6.1J【必須】

  • 渡航都市:招聘状に記載する住所のある都市名(例:上海)※6.1Cと一致させる
  • 住 所 :招聘状に記載する住所のある住所
  • 入国日 :航空券の日程と一致させる
  • 出国日 :航空券の日程と一致させる

滞在期間は、希望するビザが必要となる日数でなければならない。

※招聘状に記載する住所とは招聘人の中国居民身分証に記載の住所が最も相応しい。

 

6.1E:【必須】招聘状の最終日と一致させる

6.1F:【任意】搭乗予定のフライト名を入力(例:CA167便)

6.1G:【必須】国際線に乗る都市(プルダウンからの選択)

6.1H:【必須】国際線に乗る地域(プルダウンからの選択)

※6.1Gと6.1Hは滞在都市と余りにも離れている場合、申請が通らない可能性がありますので、注意しましょう。


 

中国ビザ オンライン申請 入力例

6.2 中国国内招聘元/連絡担当者または組織名

6.2A:【必須】招聘人の名前を入力

6.2B:【必須】招聘人との関係性を入力(母親、妻など)

6.2C:【必須】招聘人の電話番号

6.2D:【必須】招聘人のメールアドレス

6.2E:【必須】招聘状に記載する住所のある"省・自治区"を入力または、プルダウンより選択

6.2F:【必須】招聘状に記載する住所のある"都市名"を入力または、プルダウンより選択

6.2G:【必須】招聘状に記載する住所のある"区・県"を入力または、プルダウンより選択

6.2H:【必須】招聘状に記載する住所の郵便番号

※招聘状に記載する住所とは招聘人の中国居民身分証に記載の住所が最も相応しい。

 

 

6.3 緊急連絡先

中国ビザ申請 オンライン入力6.3

緊急連絡先は日本在住の親族者や勤務先等が望ましいが、友人等でも可。

(※但し、同一行程で行動する人は不可。)

6.3A:【必須】緊急連絡先の姓(漢字)

6.3C:【必須】緊急連絡先の名(漢字)

6.3D:【必須】続柄(例:母親・父親・上司、等)

6.3E:【必須】ハイフン不要

6.3F:【必須】メールアドレス

6.3G:【必須】所在国(通常は日本)プルダウンより選択

6.3H:【必須】都道府県名を入力

6.3I:【必須】都市名を入力

6.3K:【必須】郵便番号を入力(ハイフン不要)

 

6.4旅費の負担

中国ビザ申請 オンライン入力6.4

【必須】以下の何れかを選択

  • Self(個人)
  • Other(その他)
  • Organaization(会社)

尚、Self(個人)以外を選択した場合、住所などの情報の入力が必要となる。

未成年の場合などは両親の何れかとする。

 

6.5A 国内/国外保証人

中国ビザ申請 オンライン入力6.5

通常は"該当なし"にチェックを入れる。該当なしにチェックを入れた場合は、入力項目が省略される。

 

6.6A 同行者

中国ビザ申請 オンライン入力6.6

同行者の有無は通常は"No"を選択する。

 

全て入力が完了した際は、「次へ」をクリック

※必ず「一時保存」を押して入力内容を借り保存しておきましょう。

その際に、表示される「申請番号」はメモしておきましょう。今後、別の日に申請を再開する時に必要となります。

 

 

 

第7部分 渡航履歴

7.1 過去3年間の中国への渡航履歴

中国ビザ オンライン申請 入力例

7.1A:過去3年間に中国への渡航歴がある場合は、"Yes"を選択する。

その場合、"都市名""区・県名""入国日""帰国日"を各種入力する(プルダウンからの選択でも可。)
※申請時に提出するパスポートに出入国スタンプがある場合は、特に見落とす事の無いように注意する。

 

 

7.2 以前取得した中国ビザの情報

中国ビザ オンライン申請 入力例

7.2A:取得歴がある場合は、最新のビザの情報を入力する。

  • ビザの種類
  • ビザ番号
  • 発行地(例:東京大使館で申請した場合は、東京)
  • 発効日
  • 中国ビザの申請時、両手10本の指紋を採取されたことがあるか。
  • 外国人居留許可証を取得しているか。
  • 中国ビザの紛失・盗難の経験はあるか。

尚、旧パスポートにビザがある場合は、旧パスポートの提出も必要となるので、その点に留意して「YesかNo」にチェックを入れなければいけない。

 

7.3 有効期限内のその他の国のビザ

中国ビザ申請 オンライン入力7.3-1

7.3A:※申請時のパスポートにある場合は、特に見落とす事の無いように注意する。

 

7.4 過去5年間に訪問した国

中国ビザ オンライン申請 入力例

7.4A:※申請時のパスポートに出入国スタンプがある場合は、特に見落とす事の無いように注意する。

"Yes" を選択した場合、該当の国名をプルダウンより選択する。

注意ポイント

申請時に提出するパスポートに以下の国への入国履歴がある場合は、渡航した経緯や目的を記載した用紙を別途提出しなければいけません。

【該当国】トルコ、イラン、パキスタン、カザフスタン、中近東~中央アジア国諸国、その他 紛争地域に該当する国

 

全て入力が完了した際は、「次へ」をクリック

※必ず「一時保存」を押して入力内容を借り保存しておきましょう。

その際に、表示される「申請番号」はメモしておきましょう。今後、別の日に申請を再開する時に必要となります。

 


 

第8部分 その他の項目

中国ビザ オンライン申請 入力例

8.1~8.11の項目に該当する項目がない場合は、"No"を選択する。

 

中国ビザ オンライン申請 入力例

"Yes"を選択した場合、詳細を入力する必要がある。

 

全て入力が完了した際は、「次へ」をクリック

※必ず「一時保存」を押して入力内容を借り保存しておきましょう。

その際に、表示される「申請番号」はメモしておきましょう。今後、別の日に申請を再開する時に必要となります。

 


 

第9部分 郵送情報

中国ビザ オンライン申請 入力例

2023年3月14日時点では、この箇所は選択することが出来ないので、「次へ」をクリックする。

※必ず「一時保存」を押して入力内容を借り保存しておきましょう。

その際に、表示される「申請番号」はメモしておきましょう。今後、別の日に申請を再開する時に必要となります。

 


 

第10部分 サイン及び声明

中国ビザ オンライン申請 入力例

これまでに入力・選択した内容が表示されるので、間違いが無いかを確認する。

①10.1A:原則、申請者自身の申請表の入力が必要なので、"Personal application"を選択する。

②"上記の全ての事項を確認し、同意します。"にチェックを入れる。

③"申請表を提出する"をクリック

 


 

中国ビザ オンライン申請 入力例

最後の確認が表示されるので、"確認"をクリック。

 


 

申請表入力完了

中国ビザ オンライン申請 入力例

"私は申請番号を確認し控えました。"にチェックを入れると、申請表をダウンロード・印刷することが出来る。

この申請番号は必ず控えておくこと。

 

 

まとめ・注意事項

  • 今回ご紹介した申請表の入力例は”業務Mビザ1次ビザ”用となります。
  • 2023年05月現在、中国への出入国規定は非常に流動的となり、今後大きく変わる場合があります。
  • これまで以上に余裕のある申請や準備が必要なるので、ご注意下さい。

 

-旅行情報, 査証(ビザ)

Copyright© 旅のプロの旅行情報サイト , 2024 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.